賃貸住まいの持ち家住まいに比べたメリット

バナー

賃貸住まいの持ち家住まいに比べたメリット

持ち家住まいになると毎月家賃を支払う必要がなくなって生活が豊かになるという考えをする人がいます。

確かにそれは嘘ではないのですが、住宅ローンを組んで家を購入した場合には、それが完済されるまでは毎月家賃のようにして支出があることになり、実質上家計にはそれほど影響しないのが事実です。



持ち家になるメリットはやはり自分の所有物となって自由にリフォームできるという点や、老後に住まいに困らないという点にあるでしょう。
これに比べて賃貸物件に住み続けることにもメリットがあります。



リフォームはできませんが、別の賃貸物件に引越すことができるので、生活の中に転勤や出産等の大きな変化があった場合には住み替えをすることで適切な大きさの家で生活を始めることができます。

持ち家生活ではその家の売却と新しい家の購入ということをしなければならなくなるのでコスト的にも労力的にも大変であることは言うまでもありません。



また、賃貸住まいであればそういったライフイベントがなくても気分で住み替えをすることもできます。

宝くじに当たったから何年間かデザイナーズマンションに住んでみようとか、大きなショッピングモールができたからその近くに住もうといったことが容易に行えるのです。

一方、隣人との関係が悪くなってしまったというような事態においても引越しをすれば解決できてしまいます。

こういった住み替えの容易さが賃貸住まいをする最大のメリットです。



Copyright (C) 2014 賃貸住まいの持ち家住まいに比べたメリット All Rights Reserved.